中小規模のビジネス・システムこそLAMPで構築を

WEBシステムの黎明期においては、PHP言語が動的なウェブページを作ることを目的としていたことから、Webサイトにちょっとした動的機能を付加するためとか、ゲーム開発に使われていました。しかし、2010年代以降BtoCのWebサービスが急速に普及したことに比例し、LAMP環境をベースにしたWebシステムが爆発的に増加し、現在ではBtoCや業務系であるBtoBの開発にもLAMPベースのWebシステムが使用されることが多くなり、金融系のサービスなどにも取り入れられるようになってきました。

理由その1:導入コストが安い

LAMPベースのWebシステムは安価なレンタルサーバーなどを使って容易に構築できます。オープンソースのソフトウェアで構成されているためライセンス料も不要です。システム開発初期から大幅なコストダウンが見込めます。

理由その2:汎用性が高い

LAMPベースのWebシステムでは、従来からの大型システムに匹敵する汎用性が備わっており、あらゆる分野のビジネスシステムを構築可能です。世界中に広く普及した結果として信頼性も高くなり、基幹業務の運用にも十分耐えられます。

理由その3:使いやすいユーザーインターフェース

LAMPベースのWebシステムは最新のWebサイト制作技術とも大変親和性の良いものです。Webサイトのデザイン技法では、HTML5の普及やJavaScriptの普及により、ブラウザーベースのユーザーインターフェースが大変使い易いものとなっています。また、レスポンシブデザインによる、パソコンおよびスマートフォンの表示を最適化したモバイル・フレンドリーなサイトが急速に普及しています。BtoBの開発にもLAMP環境が使用されることが多く、金融系のサービスなどにも取り入れられることがあります。