アプテック制作の特徴

SEO対策

当社が新規に制作するWebサイトおよび保守をお引き受けするWebサイトでは必ず内部SEO対策を行います。当社はSEOのコンサルティング会社ではないので、SEOそのものを業務としてコンサル費用を頂くようなことはしていませんが、制作会社として、SEO関連書籍に述べられている程度の通常的なSEO対策を行っています。この後に説明するモバイルフレンドリーデザインも重要なSEO対策でもあります。Googleは2015年4月より、ページがスマホ対応しているかを、モバイル検索における順位決定の要因として採用しはじめました。さらに2016年5月には、モバイルフレンドリー効果を強めるアップデートを行いました。

また、ご希望のお客様にはGoogle Analyticsの設定を行っています。保守契約を頂いた場合には定期的に分かりやすいアクセス解析レポートを提出しています。

メンテナンス重視

せっかく作ったホームページも折々の更新保守を行わないとだんだんと陳腐化して魅力のないサイト、訴求力のないサイトとなっていきます。Webサイトをビジネスの進捗と環境の変化に応じて適切に更新保守していきことが訴求力の維持の点から重要と考えます。そのため他の制作会社が制作したサイトであっても保守段階からお引き受けすることを積極的に行っています。Webサイトの活性化をご希望の企業様はお気軽にご相談ください。

当社では一般的なホームページではWordpressを利用して制作することにより、新着情報などを容易に自社更新できるサイト制作を行っています。ECサイトのように頻度の高い模様替えを必要とするサイトの場合は保守契約を強くお勧めしています。もちろん、保守契約は新規制作の前提条件とはしていません。

モバイルフレンドリーデザイン

当社が行うWebサイトのデザインは必ずモバイルフレンドリーです。モバイルフレンドリーとは、モバイル(スマホ)用に表示を最適化して、モバイルから快適にブラウジングできるようにすることです。サイトがスマホ対応になっているかどうかはSEOにおいても重要なポイントの一つです。

モバイルフレンドリーデザインにするため、当社のデザイン作業ではパソコンでの表示とスマホでの表示を同時並行に考えてデザインしています。パソコン表示主導のデザインをスマホ対応にデザインしてもなかなかモバイルフレンドリーとはなりません。そしてレスポンシブデザインによりページを実装します。CSS/HTMLのコーディングスキルが求められますので、ぜひ当社にお任せ頂きたいところです。

動きのあるデザイン

当社のデザインの特徴は一言で言えば「動きのあるデザイン」です。パララックスデザインは、最近急速にポピュラーになってきました。当社も多用している技法ですが、画面を奥行きのある2層構造にしてそれぞれの層のスクロールスピードを変えます。またスクロールに応じてバナーを小刻みに移動したり、拡大/縮小させたり動きを持たせます。実装にはJavaScriptやJQueryによるプログラミングを多用します。

事前打合せ重視

当社では、お客様との事前打ち合わせを対面で十分時間をかけて行っています。Webアプリケーションの開発では特に重要なことですが、一般的なWebサイト制作においても十分な打ち合わせの時間を頂くことが品質確保に必須と考えていますので、ご協力をお願いしています。お客様のご要望をきちんと把握して、開発/制作途中の手戻りを少なくすることが限られたスケジュールで品質を確保するために必須です。

顔の見えるお付き合い

すでに述べた「事前打ち合わせ重視」や「メンテナンス重視」と関連していることですが、当社ではお客様との「顔の見えるお付き合い」を重視しています。都内や神奈川県内のお客様であれば必ず初回の打ち合わせには訪問させて頂きますし、節目節目の打ち合わせでも訪問して対面の上打合せさせて頂きます。Web制作の会社でありながら、発達した通信手段に頼り切ることなく、顔の見えるお付き合いを通じて、お客様のご要望を伺うこと、人柄に触れることが真に役立つWebサイトの制作につながると考えています。