ECサイトとは

ECサイトとは

インターネットが広く普及した結果として、私たちの生活に大きく浸透してきたものの一つがECサイトです。ECサイトとは、商品やサービスの販売をインターネット通信で行う、いわゆる通販サイトを指します。ECはEコマースの略で、インターネット通信を使って商取引を行うことです。初期では企業間の取引手段として使われていましたが、インターネットが広く市民の間に普及したことにより、企業と個人の取引にも普通に使われるようになりました。販売する側の企業にとっては、実店舗を構えていなくても販売を行うことが出来るため、店舗費用も抑えることが出来、非常に魅力的な販売手段です。また、購入する側の消費者にとっては店舗へ足を運ぶことなく、希望する商品を探すことが出来るとか、複数の販売者の商品や価格を比較することが容易であるとか、大変利便性の高い購買手段です。百貨店の売上が伸び悩む一方で、ECサイトの売上は大きく伸びています。(総務省データー

ECサイトのフロント機能

ECサイトのフロント機能とはショップ機能とも呼ばれ、一般のお客様がインターネットを通じて来店する店舗機能のことです。実店舗であればインテリアを整え、注力商品のディスプレーを凝らしたり、買い廻りし易いように陳列棚を配置したりします。ECサイトも考え方は同じです。インテリアに相当するのがECサイトのデザインであり、注力商品は目立つようにトップページに配置し、買い廻りし易いように商品情報は商品カテゴリーごとに配置したり、検索しやすくしたりします。当社ではお客様の商品内容や販売計画をヒアリングさせて頂き、デザインや機能の詳細を提案させて頂きます。

管理機能

商品の管理を行うことがECサイトの運営です。 基本的なことは、商品を充実させるということです。サイトはあるのに商品が全くない、というネットショップの場合、再びお客様が足を運んでくれる可能性は非常に低いです。またいつまでも商品が品切れ状態、ということも信頼の損失に繋がります。 顧客の個人情報を預かることになるので、セキュリティも万全でなければなりません。情報の漏洩は顧客からの信頼を失うだけでなく、損害賠償を請求されるリスクもあるので十分に注意が必要です。

ECサイトは作り上げた後の運営が重要です。商品の管理、顧客情報の管理は基本中の基本ですので、しっかりと行うようにしましょう。 アプテックではEC-CUBEを活用してネットショップの構築事業を行っています。自社で独自の開発を行うよりも当社にお任せ頂ければ、費用効果が高く高いクオリティのECサイトの構築が可能になります。